ミニチュアホースの販売

琥太郎誕生

ミニチュアホースの赤ちゃん

バクが無事産まれ、

安心したのも束の間

実は、同時期に出産する予定の馬が

もう一頭いた。

コハクだ。

本当は種付けの順番でいけば

一番最初に出産予定だったコハク。

コハク→ムギウタ

の順だったんだけど・・・・(´-ω-`)??

出産が近くなると、だんだん乳が

張ってくるのだが、コハは

いつまでたってもしおれたまま。

そうこうしているうちに、

ウタが出産

その後コハも少しずつ

乳の周りが膨張しはじめ、

ムギが出産を迎えた時には

ムギと同じくらい張っていた

ムギ出産の翌日、

ムギの子供のバクは、

しっかり自分で乳も飲めたし、

ムギもあれからバクを溺愛して

いたので、もう問題ないだろう、

と、カメラを設置している馬房から

2頭を隣の馬房へと移し、

その日からカメラ馬房にはコハを入れた

もう産まれるだろうと

予想していたので、社長と交代で

カメラを監視。

27日AM2:00

それまでずっと同じところに

黙って立っていたコハに異変が。

ソワソワしだし、馬房の中を

ウロウロ・・・・

お?どうしたどうした??

しばらく落ち着かない様子で

ウロウロしていたかと

思ったら、

立ち止まってその場に

ゴロンと横になった

すぐにコハの元へ。

カメラで破水を確認できなかったが、

いきんでいる。

前足がちゃんと出てきているか

見ると、

すでに両前と顔が出てきている

よしよし!

少し引っ張ってやって

無事に赤ちゃんは出てきてくれた

おめでとーコハ!!

コハはすぐに赤ちゃんを確認。

ペロペロ舐め始めた

その様子を見て安心し、

馬房を出た。

しばらくカメラで様子を見ることに。

今までは、赤ちゃんがなかなか自分で

お乳を飲むことが出来なかったので、

哺乳瓶で与えたり、

お母さんのお乳に赤ちゃんを

誘導したりと、

出産後がなかなか大変だった

コハ親子はどうなんだろう??

しばらくすると、

フラフラしながらも

ゆっくりと立ち上がった赤ちゃん。

すると、コハは、

赤ちゃんのまわりを移動し、

自ら赤ちゃんがお乳を飲みやすい位置へ

ここからコハ母ちゃんの

スパルタ教育が始まる・・・

まだ足元もおぼつかない赤ちゃんに、

お乳はここよ!さぁ飲みなさい!

と、赤ちゃんのお尻を鼻で

小突いてお乳のある場所へ

赤ちゃんを誘導

誘導?

そんなソフトじゃないな(笑)

わりとハードなかんじで

ふところに赤ちゃんを

押し込んでいらっしゃった(笑)

これには見ているこっちも

ビックリ!!(笑)

すごいわコハ!!(笑)

そんなコハの静かな戦いは続き、

ものの15分足らずで

赤ちゃんにお乳を飲ませることに

成功。

ヤバいわコハ!!

だれの手も借りずに

自分で、しかも

最速でお乳を飲ませたコハ。

カッコいい・・・

さすがツユも認める右腕・・・

しかしながら、

スパルタ母ちゃんのスパルタっぷりは

こんなもんじゃなかった

お乳を飲んでウトウトしている

赤ちゃんに、

もっと飲みなさい!まだ飲めるでしょ!

とハードな当たり(笑)

コハはそんなに力入れてるつもり

ないかもしれないけど、

赤ちゃんは

ちょいちょい鼻で吹っ飛ばされて

カメラの画面から消えていた(笑)

うん・・・

たくましく育ってくれ・・・

自分で納得がいくまで

飲ませ続け、

ようやく一息・・・

結構後産でおなかも痛かった

のだろう

その後はしばらく横になって

休んでいた

スパルタ母ちゃんだけど、

我が子は大事にするコハ

最初はあまり赤ちゃんに

さわらせてもらえなかった

みんなと放牧する時には、

自らツユ(ボス)のもとへ出向き

この子は私の赤ちゃんよ!

けん制(笑)

メケのところにも

自ら向かっていって

お尻を向けてダイナミックな

後ろ蹴りでけん制(笑)

これにはだれも赤ちゃんに

手出しできないよね(笑)

最初はコハのスパルタっぷりを

目の当たりにして

赤ちゃん大丈夫かな・・・

と一瞬心配になったが、

こんな頼れる母ちゃんもなかなか

いないわ(笑)

コハの意外な一面

知れた今回の出産だった。

そんなコハの赤ちゃん、

性別は牡

パパは十兵衛さんです⭐

名前は、男の子が産まれたら

「虎太郎」

にしようと考えていた。

今回、琥珀の

子供だから琥珀の

「琥」をとって

「琥太郎」にしようか。

ってことで、

命名「琥太郎」です(*‘ω‘ *)

たくましく優しい子に育って

くれるでしょう(*^^*)💕

コメント